トップページ 商品検索 SPR分子間相互作用解析装置 (BioNavis)

SPR分子間相互作用解析装置 (BioNavis)

SPR-Naviはフィンランド国立研究所VTTで表面プラズモン共鳴を20年以上研究してきたDr.Janusz SadowskiとSPRによる分子間相互作用のパイオニアであるBiacore創始者のDr.Ulf Jonssonのコラボレーションにより開発された、 使いやすく高精度な研究用途向けのSPR装置です。

原理

表面プラズモン共鳴とは

金属中の自由電子は自由に動き回りますが、電子はお互いに反発し合うので、密に集中している事はできません。ある固定した位置に視点を置くと、その密度が時間的に振動する波のような状態に見え、この波はプラズマ波と呼ばれています。
表面プラズモンは金属界面における電荷密度の集団的振動です。

 

高感度センサー

表面プラズモンを共鳴させ、非常に高感度なセンサーとして応用する装置がSPRです。ガラスの基板に金を蒸着し、波長760nmの偏光をプリズムで全反射させて基板に照射する事によって表面プラズモンを共鳴させます。反射光の強度を固定したダイオードでモニターし、共鳴角を自動計算します。
SPR角度の0.1度の変化を1000ユニットとした場合、 1000ユニットはタンパク質の約1ng/mm2の質量変化に相当する事が確認されています。

 

応用(分子間相互作用の解析)

基板の金表面にタンパク質などのリガントを固定してSPRにセットし、フローセルを純水やバッファーで満たします。アナライトをインジェクトすると特異的結合反応に伴いシグナルが増加します。次にバッファーを流すと一旦リガントに結合したアナライトの解離反応が観察されます。
最後にpHや塩濃度を変えたり界面活性剤などを添加する事により、残っているアナライトをリガントから溶出し、センサー表面を再生します。
結合、解離のモニタリング及び親和定数KA、解離定数KD、結合速度定数Ka、解離速度定数Kdを計算します(SPR-Naviでは気相でのガス分子の吸着の測定も可能です)。

製品特徴

広い測定レンジ

気相での共鳴(赤)と液相での共鳴角(青)

気相での共鳴(赤)と液相での共鳴角(青)

広い測定レンジ40 ~ 75°(屈折率1.0 ~ 1.45)により、液相だけではなく気相にも対応でき、ガス分子の吸着などの測定も可能です(気相用フローセルオプション)。もっと高い屈折率対応を御希望の場合はカスタムメイドで対応いたします。

 

 

 

SPRカーブの連続スキャニング

強度変化と角度変化両方の測定が可能です。
又、SPRカーブの連続スキャニングが可能です。
Winspallにデータをインポートし膜厚を計算する事ができます。

 

 

 

簡単な基板交換

基板の脱着を簡単に行う事ができる構造に設計されています。

 

簡単な基板交換

フローセルの交換を簡単に行う事ができ、フローセルがつまっても復旧が容易で、エタノールで洗浄する事が可能です。

 

サンプルインジェクション

マイクロシリンジでサンプルを12ポートバルブのローダーにインジェクションします。
バルブを切り替えるとサンプルがフローセルに流れて行きます。

 

サンプルエリアの温調

試料が接触するエリア(フローセルやループ含む)の温調が可能です。幅広い温度調節範囲によりサンプル容器周辺の温調もオプションで可能です。

 

2チャンネル測定

1つのチャンネルをリファレンスとして使用する事により高感度測定が可能です。

 

高感度測定

レゾリューションが3*10-6 of RIで、3pg/mm2のタンパク質の質量変化に対応します。

 

モデル  /  仕様

 SPR-Navi 200
マニュアルインシ゛ェクションタイフ゜
 SPR-Navi 210A
小型オートサンプラー付

 SPR-Navi 220A
オートサンプラー付

SPR-NAVI モデルごとの仕様
モデル SPR NAVI 200 SPR NAVI 210A SPR NAVI 220A
測定原理 表面プラズモン共鳴(SPR)現象の応用
測定方式 ゴニオメーターによる回転式レーザー/ディテクター
測定レンジ 共鳴角度40 ~ 75°(屈折率1.0 ~ 1.45)
角度分解能 0.001°
光源 半導体レーザー、670nm(他の波長にもオプションで応じます)
感度 1μRIU、1*10-6 of RI (1pg/mm2 のタンパク質質量変化に対応)
フローセル PDMS製、 脱着式、 2流路(独立した流路、 センシングポイント2点)、 高さ100μm、 容量1μl
有機溶媒用PEEK製、 ESPR用フローセル、 ガス用フローセルの製造もカスタムメイドで可能
金蒸着ガラス基板寸法 12 × 20mm、厚さ0.5mm
サンプル容量 20 – 100μl(100μl ですがサンプルループを交換する事によってサンプル容量を変える事ができます) Min.20μl Min.20μl
サンプル
インジェクション
マニュアル 小型オートサンプラー
6バイアル
オートサンプラー
1ulプレート96穴、
1×48、 1×12バイアル
ポンプ 2チャンネル用ペリスタルティックポンプ 2チャンネル用シリンジポンプ 2チャンネル用シリンジポンプ
温度制御 ペルチエによりフローセル部、ブリズム部を温調、室温に依存し室温25Cの場合、
Min. 25 – 7 = 18C
Max. 25 + 15 = 40C
動作環境 OS:Windows XP以上(供給範囲にPCは含まれておりません。)
本製品には専用ソフトウェアが含まれる。
電源 100/240V、50/60Hz、100~170W
寸法 38 × 32 × 31 cm
(高さx 幅x 奥行き)
40 × 46 × 34 cm 62 × 41 × 47 cm
重量 10 kg 15 kg 50 kg
オプション
モデル SPR NAVI 200 SPR NAVI 210A SPR NAVI 220A
2波長 オプション オプション オプション
脱気装置 オプション
SPR Navi コントロールソフトウェア
SPR Navi データビューアー
解析ソフトTraceDrawer
カイネティクス、アフィニティー
オプション オプション オプション

※外観及び仕様は改良のため、お断り無く変更する事がございますので予めご了承下さい。

 

アプリケーション

プロテオミクス

・たんぱく質間の相互作用
・抗原抗体反応
・DNAハイブリダイゼーション

医薬

・阻害剤特異性のスクリーニング
・結合パートナーの探索

センサーの開発

・ガス分子の吸着
・Pd基板による水素の吸着(プロトニクス、水素吸蔵合金の評価等)
・食品成分、環境汚染物質などの検知・定量

LB膜累積後の膜厚測定

LB膜(Langmuir-Blodgett)は、光・電子材料、バイオ素子など様々な応用分野への展開が期待されています。
LB膜の累積による膜厚変化をSPRで容易に確認する事ができます。

 

 

 

フルアプリケーションノートPDFダウンロード
ステアリン酸カドミウムによるLB膜累積(1層、3層、5層)に応じて変化するSPR共鳴角

 

アルブミンの吸着

バイオマテリアルの開発には任意の材料表面に対するタンパク質の吸着の観察が典型的に行われます。アルカンチオールを吸着させ疎水性にした金表面に対する0.1mg/mLのウシ血清アルブミン(BSA)の吸着量と、無垢の親水性の金表面に対するBSAの吸着量の違いを、SPRで容易に比較する事ができます。

 

 

 

フルアプリケーションノートPDFダウンロード
親水性金表面と、疎水性金表面に対するBSAの吸着による、SPRシグナルの違い

 

 

アクセサリー

SPRセンサースライド(12×20mm)

金蒸着ガラス基板は、ガラス基板にAuコーティングが標準ですが、ご希望に応じてAu以外の金属のコーティングもいたします。

 

SPR基板ホルダー

基板ホルダーに金蒸着ガラス基板をセットし装置のフローセルに挿入します。簡単に基板交換が行える設計になっています。

 

 

イモビライザー

金表面を事前に表面修飾する為のフローセル付きの基板固定ジグです。
イモビライザーに金蒸着ガラス基板をセットし、センサーエリアを所望の試料Aで表面修飾します。固定化後金蒸着ガラス基板を取り出し、SPRにセットし、試料Bを投与する事により、AとBの分子間相互作用を観察する事ができます。

 

スピンコーター

基板の表面コーティングに有用です。

 

 

 

ディップコーター

基板の表面コーティングに有用です。

 

 

 

製品についてのお問合せ

会社名
部署名
お名前
ふりがな
郵便番号
-

住所
電話番号
メールアドレス
お問合せ内容